忍者ブログ
紡ぎだす言葉は心の音色 徒然なるままに奏でます♪
2017/06   05«   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30    »07
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

夢を見た
貴女と一緒に歩いてた

あの日から携帯番号は変わってないよ
メールアドレスは変わったけれど

貴女の番号は消してしまったから
僕からは連絡できないけれど

いつか貴女から電話が来ると良いな
いつか貴女から手紙が来ると良いな

分かってる
望みが無いことも

分かってる
すれ違うことさえ無いと

分かってるから
何も言わないで欲しい

心に深く根ざした
貴女の言葉は今も僕の胸に

僕の存在
今も貴女の中に影を作る?

空を仰ぎ
言葉にしてみる

届かない思いは
春一番に吹き流されて

貴女の隣には
今、誰がいるのでしょうか?

僕は今もあの日からうつむいたままで、
さよなら・さよなら・さよならと何度も呟いて

貴女が幸せなら良いなと思ってる
僕では貴女を幸せにすることは出来なかったけれど

もし、いつかまた逢えたのなら『ありがとう』と貴女に伝えたい。

PR
過去に戻りたい?
答えはNO

過去を後悔してる?
答えはNO

現在進行形の愛を
現在進行形の幸せを

君に伝えたい
ありがとう傍に居てくれて

たくさん泣いた日もあった
笑えない日々もあったけど

過去を振り返ってばかりの僕に
未来を見せてくれた君だから
そばに居て欲しいんだ

真っ白じゃなくていい
少しくらい薄汚れてても良いんじゃない?

誰も完璧になんてなれないよ
だから、いたずらっ子みたいに笑って

空き缶蹴飛ばして
無邪気にはしゃいでた幼き日のように

君となら未来を信じられるよ
今が少しくらい薄汚れてても未来は真っ白だよ

ちょっとくらいダメでもいいじゃないか
後悔ばかりなんてしてちゃダメだよって
君が教えてくれたから僕は真っ直ぐ歩けるんだ

現在進行形の愛を
現在進行形の幸せを

この胸いっぱいに膨らんでるよ

君に伝えたい
傍に居てくれてありがとうと

迷わないように
手を繋いで一緒に歩いていこうね

これからもずっと。

ひらり ふわり
桜の花びらが舞う

ひとひら つかんだ夢
儚く 甘い 淡い色

君がそっとつかまえて
僕の掌にそっと置いてくれた

二人握った手を離さないでと
儚く 甘く 甘く 呟いた

君があまりに素直に頷くから
僕は笑ってしまった

君が嬉しそうに目を細めて笑った
僕は少し泣きそうになった

春だから
桜の季節だから
旅立ちの季節だから

ひらり ふわり
僕たちは自らの道へと

見送る新幹線
またねって言ってキスを重ねる

ひらり ふわり
ふわり ひらり

新しい旅立ちに
ひと滴の涙

さよらとは言わないよ
手を離さないと約束したから

君の人生に幸あれ

生まれたことに
意味がある

生きてきた道
決して平坦では無かっただろう

それでも
幸せといえる強さ

君のように笑いたいな

そんなことを言ったら
君は笑うかもしれないけれど

遠くそっと君の幸せを願う
愛しき友よ

重ねた手
光るリング 銀の輝き

大丈夫
さよならんて言わないよ

一滴こぼれた涙
貴女の頬をそっと拭う

大丈夫
世界で一番君が好きだよ

ロウソクを灯して
今宵はシャンパンで乾杯を。

冬が終わり
夏が始まる

春を忘れて
秋を恋しがる

君がための唄
僕は歌おう

茨の道を歩む
君のために

光になれたら
お天気雨が降るだろう

雫が落ちた場所から
命が芽生えて新緑の春が始まる。
水溜り

わざと蹴散らして
濁らせた

空を見上げた
虹が出てた

晴れたのに
傘を差して歩いてる

カエルが鳴いた
唄を歌った

風吹いた
空が曇った

銀色の空に変わって
白い雪が積もる

赤い花が咲いた
緑が笑った

タンポポ咲いた
貴方も笑った

生きるって難しい
生きるってめんどくさい

片足出した
地面がひっくり返った

どんぱぱ
頭が混乱した

どーしよう?
困ったフリをした

赤い長靴履いた
フリルの付いたスカート

赤頭巾ちゃん
こっちへおいでよ

物語の中
迷い込んで遊ぼう

今日は休みだから
幸せそうに笑ってるって
貴方は言うけど

幸せかどうかなんて
本人にしか分からないことよ

笑顔の裏に
どんな本音が隠れてる?

あぁ、痛い現実なんて
あぁ、忘れてしまいたい

だから逃げ出すの

怖くて見せれない
本当の私

なのに
なのに

踏み込んでくる
無意識に

笑顔で笑って
拒絶する

だめよ

怖いの
怖くてたまらない

大切な何かを掴んだら
離しちゃいけないんだって

誰かが言ってた

大切なものを
失ってばかりの私は

ただ、1つ
声に出して言えない

だから、手放すの
失う前に

手放しちゃいけないんだ

逃げられない運命なら
立ち向かえ

剣をかざして
戦うんだ

光浴びて微笑む
きっと、大丈夫だから

幸せそうに笑ってる
貴方は言ったわ

そう、だって幸せなんだもの

心配しないで
幸せになる

その為に戦う
いつだって逃げ出してきたけど

大丈夫
きっと、大丈夫

心の片隅
刻んだ記憶

こんなにも強くなったの
貴方のお陰よ

いつも見守ってくれて
ありがとう

剣をかざして
仲間って笑って

旅立ちの日
誓ったんだ、帰ると。
キスを重ねて
躰を重ねて

手を繋いでデートして
美味しいものを一緒に食べて

他愛無いことで笑って

いっぱい歩いてくたくたになって
公園のベンチで並んで座る

そーゆことを沢山たくさん繰り返したい

たまにはケンカしてみたり
結局はケンカにならなかったり

時に叱られて
時に叱ってみて

そーゆことをちゃんと乗り越えたい

往復するメールで
同じ方向に気持ちが向いてるって感じて

電話越しの声に安心して
またねって言って受話器を置きたい

不安になる夜は逢いたい
綺麗な風景を観る時は一緒に居たい

泣きたい時は胸を貸して欲しい
辛い時は支えてあげたい

そーやって信頼関係を深めたい

幸せだよって言えるのは
隣に貴方が居てくれるから

幸せだよって笑えるのは
隣で貴方も微笑んでくれるから

久しぶりに逢うとき
突発的に掛ける電話

愛してると囁くとき
愛してると囁かれるとき

まだ、少し緊張するのは秘密
貴方はきっと知らない知らなくていい

そばに居ると馴染んでくる
その感覚が凄く好き

貴方がくれる安心感
私にも感じてくれてるのかな?

聞きたいけど聞かない

どれだけ年を重ねても
一緒に手を繋いで歩いてるって思うから

今のこの気持を忘れないように
いくつになっても名前で呼ぶの貴方も望むから

いつもありがとう
大好きだよ。
夢を見た
意味不明な夢を

とっても淫らだったわ
マリリンモンローが出てきたの

女から見てもキュートでセクシーなのよね。

私には無いわ
女の色気?何それ?

ぺたんこな胸に短い髪
スカートなんて穿かないわ

だって、気恥ずかしいんだもの。

お化粧?仕方が分からないわ
塗るのはリップくらいよ

だって、嫌いなんだもの。

でも…本当は
でも…本当は

私だってスカートを穿いて
お化粧をして可愛くしてみたいわ

でも、しないの
だって、似合わないんだもの。

そんな格好して
街を歩けないわ

そんな格好したら
きっと笑われる

だって、似合わないんだもの。

頑なな心は
思い込みを強くして

すべてを拒絶する

可能性を否定して
未来を狭めてしまうの

これは例え話

一点だけを見るのじゃなくて
視線をずらしてみて

分かることが沢山あるから
広い視点をもって

思い込まないで
無限に広がる可能性を潰さないで。

これはそう…例え話?
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/03 琴葉]
[03/01 アサコ]
[06/02 琴葉]
[05/25 アサコ]
[02/07 琴葉]
最新記事
(01/01)
(05/19)
(10/25)
(10/13)
(10/13)
プロフィール
HN:
琴葉
性別:
女性
趣味:
落書き・言葉遊び
バーコード
ブログ内検索
最古記事
足音
アクセス解析
Copyright ©  。・♪。・心音・。♪・。  All Rights Reserved.
*Material by シェルの素材工場  *Template by Nahema
忍者ブログ [PR]